あなた、その名前って・・・?

さてさて、基本的には「ファイブスター物語単行本13巻、もしくは連載再開、またはゴティックメードの再上映かなにか、いつになるかしら~」と指折り数えるこの頃ですね(^^ゞ

とはいえ時折資料を眺めたりニュータイプを読み返したり・・・していた時に、9月号の107の質問のところで、そういえば永野先生は2004年に全てが変わっていると仰っていたなぁ・・・その2004年についてのキーワードとしてはもう一つ、DESIGNS2に2004年に生まれたものがあり、それはクローソーへの贈り物である、と書いてある箇所があります。
これが同一なのかは定かではありませんが全く違うとも思えず・・・そういえば今年はそこから10年が経っています。
04年以降、出版された副読本(DESIGNS1~4)や漫画連載において変わったものを大雑把に上げていくと

・戦闘兵器がモーターヘッド(MH)からゴティックメード(GTM)に姿が変わり名称(役割的な記号や意匠は引き続き残っているが)が改変された。またマシンメサイアなどの前身的存在もすべてGTMに統一。
・ファティマの戦闘呼称(で良いのかな)がオートマティック・フラワーズ(AF)に。ネットで拡散されている程あまり使われていない気もしますが・・・(^^ゞ及び戦闘スーツとしてアシリア・セパレートに変更。今まで登場したファティマスーツの名称も変更。
・主だった所の国章変更。(AKD、フィルモア。ハスハはミノグシア連合としての存在が変わり、自動的に。クバルカンはDESIGNS3で変更済。コーラスもDESIGNS2のウリクルが今までと違うものをつけているので恐らく・・・)
・ハスハの巫女→詩女に。(細かい所は略)
・騎士の所有する実剣、光剣(スパッド)→3種のガットブロウに。

これが主だった見た目的な変更。あと物語の変更として
・3巻のコーラス6とディジナ・マイスナーの話が没扱いになっている・・・(^^ゞ
と、あとひとつ
・剣聖家系の変更 があるのではないでしょうか。
今回はこの剣聖家系について、ふと気になったので触れてみたいと思います。
これから書く事については07年発行のFSSDESIGNS2をご覧頂かないと判らない点も多いので、気になる方は是非お買い求めください・・・いつ出て来るのかさっぱり判らない人物も沢山登場してきます(^_^;)


単行本、およびリブートやそれまでの資料ではわからず、DESIGNS2でしか今の所確認できない情報として、超帝国純血の騎士の家系図というのがあります。
え、それって
ナッカンドラ・スバースルース家や慧茄やマドラ に来るパターンと、
アサラム・スキーンズとヤーン・ダッカス(バッシュ)王女カイエンやマグダル&デプレ、マキシ へ行くパターンの二通りの事でしょ?となられると思います。
それ自体は間違いないのですが・・・

単行本9巻および2000年に発行された副読本ナイツフラグスから変更された点として、ナッカンドラ・スバースと結婚した奥さん(サローン・バスコ)にはアラド・バスコというお嬢さんが誕生するのですが、DESIGNS2だとこのアラドの前にネリスというお姉さんも生まれており、しかも二人とも剣聖級の力と強力な魔力を持ちながら、その力を人前に見せることなく生涯を送ったとあるのです。
アラドはジェスター・ルースと結婚し剣聖ディモス・ハイアラキを含む3人のお子さんに恵まれるのはそれまでと変わりないのですが、
お姉さんのネリスさんもビザンチンさんという方と結婚しその息子が剣聖デューク・ビザンチン、そしてビザンチンの息子(ネリスの孫)が剣聖ヘリデ・サヤステになっているという・・・

単行本9巻(リブート6)でファティマ・インタシティは、ミッション・ルースを見て
「私たちの最初のマスター、スバースさまの生まれ変わりかと思った」
「かわいそうなあの方がちゃんと血を残された 嬉しかった」
と言っているのですが・・・
最新になった家計図に基づくと、インタシティがかつてパートナーとしている剣聖デューク・ビザンチンはスバースの孫になるわけで・・・しかもネリスが父スバースからインタシティを呼び寄せてデュークのパートナーとした、とあって、だとしたらこの台詞おかしくないかい??
新しい単行本の版で台詞変わるのかしら・・・

このDESIGNS2が出てから何となく気になっていたものの、それはこの家系図で血の流れが集中するママドア・ユーゾッタの将来に関係するのかとこのブログでも書いたことはあるのですが(でもそれは外れてました(^_^;)(^_^;)それ以来すっかり忘れてしまっていました・・・
ここでは乱暴に書くと、物語内で名前の出てきた剣聖は・・・それまでどんな人かも明らかになっていなかったビザンチンやサヤステまでもが全てこの超帝国の騎士由来からの縁戚で誕生した事に変更されています。
それだけ超帝国の力は特別なんだよ、血が薄まっても普通の騎士とは違うんだよ、ということがこの変更で言いたいのかな。そんな風には思えたのですが・・・
・・・しかし、この変更に際しても唯一この超帝国に関連しなかった剣聖がいます。
星団暦の騎士家系でただひとり、誕生していることになっているのが、コーラス王家のハリコン・ネーデルノイド(メロディ)なのですが・・・

ここから先はDESIGNS2のコーラス王朝の所を読み返していただければと思うのですが、剣聖家系図のことを思いながらページを捲ると、この王家だけが確実に騎士の能力を持って生まれる事を含めて謎が一層深まり、クローソーへの贈り物と何か関連があるのか?と疑問が湧くばかり。
またコーラスかい・・・!とこの文章をお読みになっている方もあきられそうで恐縮ですが、やはり意図の書き換え・・・違った、物語の糸の架け替えはどうしてもここに流れているように思います。それは華やかなデザイン群の変更や現在の、ボォス星やフィルモア帝国の群雄割拠然とした物語とは全く関係なさそうなのだけども。
ただ本編でのインタシティの台詞が矛盾する事態になってまでここを変更したかったのは、何かあるのかな・・・と思いをめぐらせていた時、はたと気がつき資料をあさる事になりました。

ここで少し話が変わりますが漫画では現在、魔導大戦でファティマ・アウクソーがダグラス・カイエンを失った事で壊れてしまい、兵器のコントロールが出来なくなり現在はなんとか大勢にかくまわれているものの死という名の処分を受けるギリギリの所にいます。
そして超帝国の騎士に仕えることを望んでいるとされるアウクソーの前の個体・・・最初のファティマであるザ・フォーカスライト。二人分の思いは物語の果てに何故か、やがて半エトラムルのデルタ=ベルンに移りGTMジ・エンドレスのコックピットに眠れるクローソーと共に収まる事になります。
この経緯は今後の展開を待つばかりですが、どうしてアウクソー、あるいはザ・フォーカスライトは超帝国と関係のない選択をしたのか?

・・・と今まで思っていたのですよ。
でもそれはひょっとすると・・・と思いついたことを確認する為に、資料を探し求めるのに十数分かかりました。
私の知りたかった名前、それはリブート7の327ページにようやく見つけました。
ただそれは物語改変前の話しだし、その方のお名前が04年の変更で改名されていたらアウトだけど・・・

超帝国、ナインの時代よりも更に更に昔の話、
モナーク・セイクレッドを見つけ、カラミティ・ゴーダース王(ログナーですね)とも関連しそうな五星の謎を知る大人物、
「宗帝アズデビュートのモンソロン帝」
この人の名前は アズデビュート・デルタベルン・モンソロン大帝

・・・ファティマ・デルタ=ベルンはAKDがある星の名前ではなく、モンソロン大帝から来ている。

コーラスの家系は超帝国ではなく、ひょっとするとここと関連している?・・・のでしょうか・・・・(^_^;)
だからハリコンは例外であり、更にガーランドだの確実に騎士になるだの、特殊な能力を持っている・・・
い、いや・・・私個人としては、謎の家系のままの方が、嬉しい気もしますが・・・


す、すみません大変しょうもないことを書きました・・・
というわけでいよいよ10月に突入します。
気になる事は山積みですが、FSSファンにとって実り多い秋になるよう、一ファンとしても心から願っておりますm(__)m

この記事をシェアする

4 件のコメント :

  1. デザインズ2ではデルタベルンは半エトラムル型ファティマとされてますね。
    8巻の4100年のエピソードではデルタベルンの外見は人型をしてます。
    だからデルタベルンの半エトラムル型というのは精神的にはエトラムルと
    同じ人型ファティマという意味かもしれません。
    この場合、精神的にはエトラムル同様となるので、通常の人型ファティマの
    ように特定の騎士を主に選ぶという性質がなくなっておりコーラス6世を自分
    の意志で主に選んだわけではない可能性もあるかと。

    返信削除
  2. お名前書かれなかった方

    どうもこんばんは。ポツリとあるインターネットの掘っ立て小屋にようこそお越しくださいましたm(__)m
    デルタ=ベルンについてはその、面白いツインテール姿がたまにポツリと漫画に登場しておりますが、まだまだ謎を呼ぶキャラクター、というのかキャラクター扱いして良いのか謎めいた存在です。

    とりあえず04年以降に分かっていることを簡単に書けば
    ・ミース・シルバーが構築し、その後ある所に移動し、そこの科学者ルーベル・ジュードによって完成をみる(リブート5の追加解説)
    ・ファティマ・アウクソーとザ・フォーカスライトの魂として、クローソーと共にSR4に新設されたもう一つのコックピットに眠る。
    ・コーラス6がSR4発見後→騎士修行を終えたところで聖宮ラーンに渡される

    ルーベル・ジュードって誰よ一体・・・とリブート5を読んだ時は頭を抱えたものですが・・・これに関してはアラン・スミシーのような匿名扱いか、それともコーラス6で良いのか、まだ妄想の域を出ていません。
    ただその科学者がいつの時代であれ、デルタ=ベルンの基礎的な部分はミース・シルバーが関わっている、二人の思いはクローソーと共に寄り添い見守っている(フォーカスライトの所にも書いてありますし)ことを鑑み、
    「未来のデルタ=ベルン本人の意思ではなく、アウクソーとザ・フォーカスライトの二人の選択がジ・エンドレスに目が向いている」事に注目したいのです。
    そしてアウクソーが現在廃棄の危険にある現在、星団法によって殺される前に、多分この選択は近いうちに行われると思うのです。

    それは同時にアウクソーへの疑問にも繋がります。勿論カイエンに解除され、本人まで失ったことは物凄く精神的にショックは強かったと思うのですが、それは彼女の中にもう一つ存在するフォーカスライトの願いとは別物のように思うからです。
    どんなガーランドでも手の尽しようのない壊れ方に、この辺りにアウクソーが勘当されている原因が秘められているのではないかと考えますが・・・そこは話が逸れるので置いておきます。
    ただ、フォーカスライトが純血の騎士を望んでいるならば、この後すぐマキシが誕生する事も、(アウクソーは誕生に手を貸しているのだから認識している筈です。何かを予感しアトラス→SSLも目覚めてますし。)更にはこのあと超帝国の騎士たちが沢山出てきます(^^ゞ)仕えたい面々が大勢いるように思いますが・・・そこではなく、いつ目覚めるか分からないSR4で時を待つ選択をしたのは何故なのだろうか。
    クローソーはやがて現れるかも知れないコーラス王の為に眠っているけれど、コーラスは純血の系譜ではないよ。どうするんだろう。そしてそれはアウクソー自身が選んだのか、フォーカスライトが仕向けたのか、何なのだろうとはずっと思っていました。

    この辺りは恐らくデルタ=ベルンの存在、半エトラムルという謎の形態に関するコメント主さんと私との思い浮かべる姿の違いもあると思います。私は自分の小さな庭で(^^ゞ別につらつら自分勝手なことを書いておりますが、予想でも議論するものでもないので、その辺りは永野先生の物語を待つしかありません。
    ただここで勝手な妄想事を書いてしまうと、今度の年表改変でとある空想が生まれつつあります。最後にそれを書いておこうかと思います。
    あまりお答えになっていないような気がしますが、これでお許し願いたいと思います。

    ミース・シルバーはやがてアウクソーとザ・フォーカスライトの記憶をエトラムルとしてクローソーと共に寄り添わせる、それはアウクソーの希望で、彼女の選択として行われる。
    その機体ジ・エンドレスは聖宮ラーンにて暫くAKDなどから護る役割を果たす。
    ミースの開発は書類のままずっとずっと実行されず、
    やがて聖宮ラーンというかマグダルが・・・カステポーにいるとある若い科学者・・・インテリの元コーラスの血縁者らしきひとにミースの研究を完成させる役割を依頼する。
    そしてそこでとあるラーンの見習い騎士に遭遇する。ディジナ・フレットだ。
    そのときは騎士でなかった彼がここで騎士であることを自覚し、ダリ・キアに研究の続きを委ね騎士修行に励む事になる。
    そして騎士修行が終わってラーンに戻ってきた時、マグダルは「研究の結果」をコーラス6に渡す。
    エトラムルの遠隔インターフェイスとしての個体として。

    ・・・あんまり出来の良くない妄想ですね(^^ゞ
    また良かったら掘っ立て小屋にいらしてください。どうもありがとうございましたm(__)m

    返信削除
  3. KFの古い設定では、デプレがデルタベルンを所有。
    トレーサー1ではマグダルがデルタベルンとエンドレスを所有。
    デザインズ4では3075年にタワーとともにカイゼリンが天照のもとに行く。
    等の設定があるので、カイゼリンを天照に渡したあとにデプレがエンドレスと
    デルタベルンを使う可能性(=デルタベルンがコーラスにこだわってるわけ
    ではない)もあるのではと思ってました。
    デルタベルンを完成させる科学者リュービル・ジュードですが、ガーランドも
    現れるコーラス王家ですから、のちのコーラス6世がその名前(ラベル・ジュ
    ーダ)を受け継いでいるって可能性もありかと。

    返信削除
  4. お名前なっしー様(ふざけたお名前で大変すみません・・・)

    どうもこんにちは。コメントどうもありがとうございます。
    10月1日の匿名様と違う方の可能性がありますので(同じ投稿者様だったらごめんなさいね)すみませんがそのつもりで書かせていただきます。
    ジ・エンドレスをデプレが使うかどうかは私にはわかりません。(ただ新年表に、ジ・エンドレスはコーラスの王子だけが起動できるという記載があり、どういう仕組みかは不明ですが、それだと難しい気もしますが・・・)
    だとしたらお名前なっしー様がその瞬間を、デプレがコーラスの国家象徴GTMを駆る画が出て来るその日をお待ちになれば良いのだと思います。
    このブログはあくまで「一ファンである私がFSSやGTMに対し思うことを適当にツラツラ書いている」だけですので、お答えあわせをご期待されているのでしたら申し訳ないのですがそれは私には出来ません。そこまで博識ではありませんし、それに答えられるのは作品を紡ぎ出し続ける永野先生だけです。
    「そうですね、そんな考えもあるのですね。」とは言えますが・・・

    どうしてそう思われるのか、あるいはそれは実現しそうなのか。
    永野先生の物語が待ちきれないのでしたらまずは漫画を副読本を読み返し、その理由をご自身で探られるのが唯一で一番の道だと思います。
    私は・・・とても拙いですが、一応そのルートを取りつつ日々永野先生が綴って下さる物語について感じた事を書いているだけに過ぎません。その日々はとても楽しいですよ。お時間があればお薦めしますし、考え抜いた事ををSNSなどで何方かに尋ねてみるのも面白いのかも知れません。

    そしてなんだかとてつもなくぶしつけに書いてしまっているような気もし申し訳なく思いますが、同時に正直な気持ちでもあり、お許し願いたいと思います。

    返信削除