~へっぽこからのお知らせ~

◯11月22日(水)1810分~TOHOシネマズ赤池(愛知県。名古屋の方は地下鉄鶴舞線でどうぞゴティックメードの再上映が一回限りであります。新しい施設オープン前でかなり直前ですがご興味ある方是非とも足を運んでみて下さい!

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

おしゃべり軍団が神田に現れた!~1月14日FSSオフ会について。

さてさて、FSS14巻予想アンケート結果に続き、本題のオフ会について。
この二冊を人数分ひいこら持参して、オカザえもんの帽子をかぶり^^;神田の駅前に佇んでいると・・・ひとり、また1人とどこからともなくお声がかかる・・・(なんて書くと怪しいじゃないか!あ、怪しいついでにうっかり全く無関係の女性にうっかり声をかけてしまい大変気まずいことにもなりました^^;)

そんな感じで寒波がやって来ているお昼時、総勢17名の、南インド料理”アーンドラ・ダバ”でのオフ会は始まったのでした。(お店は二階です。)
このお店は昨年夏にオープンしたばかりなのですが、既にその味わいはGoogle+でのスパイス界隈でも噂として多分に広まっており、私も実際オフ会迄二度足を運んで「うん!ここは確かに素晴らしい!」となり即、心に決めた場所でもありました。
また、ダバというと、なんだかコーラス6・・・じゃなかった、重戦機エルガイムの主人公さんのお名前みたいですものね。(因みにダバは、インドで食堂の意味があるらしく、他にも”ダバ・インディア””デリー・ダバ”などの違うお店が東京にはあります^^;)

そんなこんなで始まったオフ会でしたが、当日についてそんな気分だけ、ちょっとご紹介します。
カイゼリンやマーク2などの作品をお持ち下さったAniki%さんと、みしまさんのAトールにいきなり盛り上がります。
開催前はあまりに人数が多すぎて参加者によっては話題に入れないのではないか、という不安もあったのですが、皆さん他にも雑誌や映画のパンフレットや同人誌や自作イラストなど思い思いに持ち寄っていただいたおかげもあり、すぐにFSSのお話でそこかしこに笑いの輪がひろがっておりました。
皆様のお気遣いのお陰で、へっぽこ幹事は料理のサーブだけちょっと心配していれば良くなり大変ホッとしました^^;
どうして料理のことを心配するかって?・・・だってすごくたくさん出てくるから!
※相変わらず写真を撮り忘れていて、一部しかありません。ゴメンナサイ^^;
ミニ・マサラドーサとラッサム(スパイスと酸味の効いたスープ)、ココナッツ・チャトニ-(ココナッツの和物)ウリ・ガーリ(豆と玉ねぎのスナック)。
パニール(カッテージチーズの一種。お豆腐とモッツァレラの中間な味わいかな?)と野菜のタンドリーグリル
ひよこ豆のサラダ
カレー3種(食べかけですみません^^;)サンバル(南インド料理の基本のような野菜と豆のカレー)、ほうれん草と豆のカレー、ニルギリ・ベジ・コルマにバスマティライス。
なんと、このあとご主人からの特大サービスで野菜のビリヤニ(炊き込みご飯の一種)が振る舞われたのですが写真撮り忘れました!痛恨!!このビリヤニがまた大変美味しかった・・・我を忘れて幸せな気分^^;
なんと全員の自己紹介とカレーを楽しんでいる間に予定終了の15時はとっくに過ぎてしまい^^;まだデザートとお茶が来ていないのにこれは大変慌てました^^;結局のところ終了したのは16時回っており、参加者はじめレストランの皆様大変ごめんなさい!(またお店に行かなくっちゃ^^;あ、ここは本当におすすめのお店ですので秋葉原や日本橋にお越しの方は是非!)
あ、あとtamamoCfreakさまがお持ちになられたコレ・・・も大変盛り上がりました。最終的にはなんだか図書館のように皆さん閲覧していらっしゃいました。(コレとしか書けなくて大変ごめんなさい。HP・FSSフリーク堂さんをご覧いただくと何となくお分かりになるかもしれませんね。)
大変貴重なものまでこんなところで拝見できてとても嬉しかったです。

ここで皆さんから改めてお話をお聞きすると
「今の連載が読めるFSSファンは大変幸せである」「もっとおしゃべりしていたかった」
は共通していたことのように思いました。勿論私もそう思います。
今回会場大きさの都合で参加できなかった方もいらっしゃり会場がもっと大きかったら良かったのに!なんて反省することになるとは思いませんでした。
その辺りはなんとか活かして次回、おしゃべり第一!のもう少し大きな会場を設定し、もっと多くの皆さんにFSSオフ会にお越し頂けるようにしたいと思います。
その時は皆さんもどうぞ、良かったらご参加下さいね\(^o^)/
(なんて書いておいてイザその時になったら、どなたもいらっしゃらなくてずっこけることにもなるかも、ですが・・・)


この記事をシェアする

6 件のコメント :

  1. お久しぶりです。

    賑やかでなかなか良い感じですね。

    オフ会も羨ましいなぁ~って思いながら拝見させて頂いてたのですが、「小冊子の制作環境は皆どうなんだろう?どうしてるんだろう?」も気になりながら見ておりました。

    印刷品質とか紙とか、製本とか、何気にクオリティ、、、高いっスよね。。。

    「モテる」以外は「雲のジュウザ」な人なので(←「原哲夫」で、すみません、、、)皆さんの制作&製本環境も、すっごい気になってしまいました。

    しっかし、旨そうですなぁ~

    返信削除
    返信
    1. Kazu Nさま
      どうもこんにちは。お料理もおしゃべりも楽しかったですよ!もし次回があればぜひご参加いただきたいですが…
      同人誌などの制作環境は私も知りたいです^^;といっても自ら作る気はないのですが・・・今回もとても立派な、それこそ永野先生の出版物のような御本を見せていただいたりしましたし、イラストに関してはオフ会でも幾つかソフト名をお聞きしました。

      自分の小冊子はそれこそ超いいかげんなのですからもっとお詳しい他の方にお尋ねした方が良いと思いますが聞き流し用に…
      ・iPadproとApplepenncil
      ・アプリprocreate(イラスト、及び規格作り)とPhonto(文章、一部デザイン)
      ・家のプリンタ(ブラザー製インクジェット複合機・数年前のもの)とプリンタドライバControlCenter4
      ・Elecomの両面スーパーファイン用紙(厚手と普通)
      http://www2.elecom.co.jp/products/EJK-SRAA320.html
      ・純正インク
      ・ダイソーのホチキス^^;(しかし後でマッ◯ス社のを買ったのですが、それよりもこちらのほうが使いやすかった・・・)

      こんな感じですが、ControlCenter4がなかったら、小冊子は作らなかったと思います。ふち無し印刷が思ったように出来たのはこれのおかげでしたから。数部のクラフト感覚でしたらプリンタとこのドライバがあれば一応出来ると思います。

      北斗の拳は去年アマゾンプライムに入った時、一話だけ無料公開されていたアニメを見ました。それまで全く内容を知らなかったのですが、意外と^^;切なそうなお話なのでしょうか・・・

      削除
    2. 返信、ありがとうございます(^ ^)

      チークさんの作られている小冊子もとても魅力的で、欲しいぐらいなんですよ。

      実は僕も今の制作環境で小冊子を作ろうとチマチマと作業中なんですよね。

      へぇ~、プリンタドライバでそんなに違うんですか!びっくりですよ!!

      ブラザーのプリンタには魅力を感じているのですが、何と申しますか「世界のCanon」に憧れたのか、当時はランニングコストが安くて性能が良かったからか、CanonのPIXUS派のまんまでして、、、 今回も新機種発売安売りを利用して買ってしまってまして。そのプリンタドライバ、Canon製品にも当てられるのでしょうか?ちょっと調べてみますか。

      procreateは優れたアプリですよね。iPad miniではなかなかその性能を生かせないというか、私の指が太いもので、なかなか思うように描けなくて、まだまだ紙描きからスキャナでスキャンなんですよね。iPad Proはお高いので、iPad Airぐらいを狙ってはいるのですが、なかなか、、、です。

      なるほど、両面のスーパーファイン用紙があるんですね。なるほどぉ~

      ダイソーは、私も似たような経験があります(^ ^;)。中国製と思われるハサミが文房具屋で売っている日本の著名なメーカーの製品より凄い刃が合ってて床屋ハサミ並みに切れるということが過去にありまして、、、 もう売ってませんけどもね。どうコメントしたら良いのか難しいダイソーの存在感でした。

      「北斗の拳」はですね、うーんと、ハリウッド映画「マッドマックス」かな?が、あらゆるデザインで模倣というか、まんまな絵になっていますが、あの頃は「ノストラダムスの大予言」の影響もまだありで、「世紀末救世主(者)伝説」というのは割と他にも出てたんです。
      「北斗神拳」という券術(拳法)は「一子相伝」でして、一人にしか免許皆伝が許されないというところも悲劇が生まれる原因となってまして、主人公ケンシロウがその継承者に選ばれるんですが、なんというか、これが世紀末を世界をさらに最悪な形にしてしまうという、うーんFSSとちょっと似てますね。

      ケンシロウの恋人「ユリア」も、物語の開始早々に連れ去られ離れ離れになってしまうのですが、これも世紀末世界をさらに最悪な形にしてしまう争いの元になり続け、、、

      北斗神拳の継承者を巡る兄弟喧嘩(一子相伝なので)が、世紀末世界をさらに最悪な形にしてしまう元となり、、、

      ケンシロウがたまたま旅の途中に拾った家族無き幼子ふたりも、その後の世界の趨勢を担う重要人物になっていくという、、、

      切ない部分はとても切ないし、はかない部分はとてもはかないんですね。

      でも、だからこそ、闘う男たちとそれを追う女たちの姿に、当時の僕らは魅了されて、今も熱く語ってしまう、という物語かなぁ。

      あれ?これで概略は伝わりますかね?

      ゆでたまご先生の「きん肉マン」も今も大好きな人たちが根強くいますが、「48の殺人技」とか「きん肉バスター」とか「きん肉ドライバ―」とか、語り草になるんです。
      これと同時期な少年ジャンプ系なのもあって、「北斗百裂拳」とか、指でちょんと突いただけでケンシロウが「お前はもう死んでいる」と言い残し、「ひでぶッ!」と言って破裂して敵が死ぬとか、そういうところも熱く燃えて語られる部分なんですよ。

      こんな感じです。


      オフ会、眺めているだけでもいい感じですよね。
      いつかは参加したいですねぇ。

      削除
    3. Kazさま
      ControlCenter4はあくまで自分の持っているブラザー製のユーティリティアプリですので、プリンタドライバーは恐らくメーカー、この場合はキヤノンさんに似たものがあるのではないかと思います。



      インクジェット紙で何か小冊子をお作りになるのでしたら、使う枚数が少なくてスッキリ仕上がる両面印刷の専用紙をおすすめしたいところで自分はそうしましたが、これもお作りになるものの種類や部数によって事情が異なります。
      インクジェット紙かつ両面印刷可能なものは実はそれほど種類が多いわけではありません。エレコムのものは映りは満足行くものですが紙のもつ滑りのせいかプリンタ給紙という点で難がありました。私は手差しで対応しましたがあまりに手間がかかるため、こればかりはご自身でベストのものを探していただいたほうが良いでしょう。なので私の手順は聞き流してほしいと思っています。
      例えば文字の多いものを大量に作られるのでしたら上質の普通紙のほうが裏写りせずに給紙がスムーズに進むので素早く出来ると思います(ただしフルカラーのイラストには向きません。)
      また私の場合はこの専用紙を一枚一枚手差しにしていたので問題はなかったのですが、時間がかかりますからこれを嫌がる方にはセブンイレブンのコピーの方が無難な場合も多いでしょう。


      どうぞ素敵な一冊の本ができあがりますように。

      削除
    4. ありがとうございました。

      ハイ、プリンタドライバは他社製はやはり使えません。

      うん、そうですね、用紙は用途によって分けないと上手く行きませんね。

      聞き流すまでは、、うーん、、。参考なりました。多謝。

      て、手差し!お疲れ様です、、、

      では、これにて。

      よき日々となりますよう。

      削除
  2. あ、FSSクラスタには「原哲夫」は通じませんか、、、

    えーとですね、「雲のジュウザ」って人は「原哲夫」の出世作で大傑作の「北斗の拳」に出てくる南斗の人です。北斗神拳と南斗聖拳の争いがあるという話です。世紀末伝説話形です。

    「雲のジュウザ」は南斗聖拳の護衛役の南斗五芒星(だったかな?)の人で、天災で誰に教わったわけでもない型無しの「我流の券」な人なんですね。

    「誰に教わったわけでもなく我流という部分が同じ」という比喩表現が、「雲のジュウザな人」という風になるんですね。

    えと、FSSクラスタな皆さんにも漫画強者がおられるのは知っているのですが、ここFSSクラスタの集まる場所でしたね。失念しておりました。

    という説明で良かですか、、、 ひょっとして要んかったコレ、、、

    返信削除