~へっぽこからのお知らせ~

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

ニュータイプ10月号・ネタバレはあんまりない感想~クローズするから、買ってね!^^;(9月14日再追記あり)(2015)

ファイブスター物語単行本13巻やゴティックメードの再上映、新しい設定画やFSSナイトなど、ただでさえ忙しい8月なのに加え、常にのんびりモードの私にしては怒涛ともいえる^^;真夏のブログ更新が続きました。
8月29日の大河原邦男先生と永野護先生のトークショー以降は、なんだか気が抜けたような思いを抱えながら、久しぶりに絵でも描くか、とやっとこさっとこ少しの時間を作りiPadを取り出しているような毎日でした。

※私は全ての画をiPadで描いております。
そういえばiPadは11月にiPad Proが出ますね!!こちらも今日発表されて非常に楽しみです^^;

・・・い、いやそんな話ではなかった。ニュータイプですね。
今月号は、8月29日のその大河原先生と永野先生のトークショーに関する「きちんとした話の内容詳細」が明らかになっております。それが9月10日発売の月刊誌に掲載されている事自体、とても力が入っていますよね。
トークショーに行かれた方はその時の空気を頭のなかで再現していただき、お越しになれなかった方は是非この内容を読んでいただいて、アニメーションなどにおけるメカニックデザインとは?というお二人の多岐に及ぶ考察に思いを馳せて頂ければと思います。

「・・・え、で、でも、こ、これ一応私のブログと被るじゃん・・・どうしようか・・・。」
少し悩みましたが、私個人としては「ニュータイプという雑誌を阻害する要素になりたくないし、何より一人でも多くの方に偉大なデザイナーお二人の言葉をじっくり体感して欲しい」という思いもありましたので、前回の記事”8月29日、上野の森のトークショー。”についてはニュータイプ10月号発売中の間は非公開とさせて頂きたいと思います。ご了承下さい。
メモしかないヘボい記事よりは、きちんと書かれたものを読んでいただきたいですね。
ロボットアニメファンは勿論、何か創作に携わっている皆様ならば、お二人のお話は大いに得られるものがあるのではないかと思いますよ!

あ、で、でもカイゼリンのお話は掲載されなかったのですね・・・流石にそこまではまだお知らせ出来る状況ではなかったのかな?
それは価格も含めて来月以降にご期待ですね^^;

(※9月14日追記)
ニュータイプ発売後、ガンダム系のニュースサイトにも、この大河原先生と永野先生のトークショーについての詳細な内容のものが公開されました。
こちらは大分(このブログは勿論、ニュータイプよりも)お二人の会話そのままを掲載している感じなのですが、トークショー後半部分は大分省略されてしまっている印象も強いので、試しに読んでみて、内容が気になる方はやはり雑誌と両方を読み比べてみることをお勧めしたいと思います。
と思ったら更に動画ニュースもあるみたい。5分程だからソコソコトークショーの雰囲気が判るかしら…?
…さすがにガンダムのコンテンツですから、例えば”お互いガンダムを一番知らないデザイナーになっているよね”とか大河原先生の”いつまでたってもガンダムではない”などの発言はここには書いてありませんね^^;

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿