春、歌舞伎町に花が咲く。速報板。

とりあえず大急ぎで書いている。
今回あまりに色々ありすぎて、お礼を述べたい方が山のようにいらっしゃる。
皆様のお顔を思い浮かべながら本当にありがとうございました。という気持ちで溢れかえっている。

最近あまり明るい表情を持って書きにくかったこのブログ。
永野先生ご夫妻は凄いですね。あっという間に会場の皆様を笑顔にしましたよ。
そして最新設備、大きなスクリーン、特別な音響ととても素晴らしかった環境でのゴティックメード。
関東の皆様にもその真の姿が現れたのではないでしょうか。

後のことは少し時間を置いてから書きますが、お知らせというか、平日昼間の上映にいらっしゃることの難しかった皆様にもそのおすそ分け・・・になっていたらいいけど、川村万梨阿さんのゲストトークかから少しニュース的なことを
私の記憶も怪しい^^;のでこちらも先にお知らせとして貼っておきますね。

5月1日~再上映サイトドリパスがTOHOシネマズに移籍することが決まっていますが
・ドリパスを経由してTOHOシネマズでのTCX+9,1ch上映が今後他都市でも順次上映される(これは本決まりのようです!だとしたら凄いですよ(^O^))
永野先生が途中入場され、ゴティックメードの後日談トーク(たっぷり時間を取っていただいたように思います。)ガンダムの富野監督が大量の原画を雨の中サンライズスタジオ間で運んでもらった^^;とか、安彦良和さんが動画で「ロボットの動画ならば」と便宜をはかってくださったとか(これがアニタス神戸ですね)とにかくアニメ業界のあらゆる方のご協力をいただき、しかも皆さん喋らなかった。さすがプロと
・最後エンディングラブがセントリーになるところにFSSのロゴが出てくる予定だったけども抜けてしまったらしい^^;
ゴティックメードの原画サイズが通常の恐らく倍(手で示されていたのでおおよそです。)GTMのシーンとなると約4倍に見えました^^;
・その辺りのことは今後出版される絵コンテ集に収録されるそうです。
・LDI20の三石琴乃さんがもっと喋りたい、ラブの大谷育江さんは「今度は人間で!」と求められているとか
そして今のところ(おとぼけ気味でしたが)単行本は6月?連載再開は夏?(←でも永野監督自ら仰っていました)
単行本表紙は既に二度破棄しているそうです。今度こそ・・・でしょうか。
・破烈の人形の話になった時先生何か別名を仰っていたように思うのですが・・・ダルマス?マルケス?・・・なんだっけ^^;(何方か覚えていたかたいらっしゃったら教えて下さい←教えて下さった方ありがとうございます!ダルマスで合っているようです(^o^)/)
・やっぱり映画は映画館で。テレビで見るのではなくてね!

もっとあったかもしれないのですが追加があれば詳細版に書きます。
ご夫婦で大変和気あいあいと仲良く話されながらも、お二人のひとことひとことが涙涙でした・・・
ご夫妻はベリンとトリハロンに見えてくるほどですし、ベリンのセリフ「誠実な・・・方なのですね」を思い出してしまいます。

またオフ会など、上映会当日の出来事は後日お知らせしたいと思います。
このブログはただのブログですし今後もそうだと思いますが、手がけていて本当に良かった、そんな一日になったことは間違いありません。
いただき物軍団とともに、この記録とことばの記憶が、私の糧となっています。
本当に有難うございます。今はどこかで次の花が咲く日が訪れるのを、楽しみに待ちたいと思います。

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿