永野先生表紙のプログレ本+最近のNT+10月発売のFSSファンブック「トレーサーEx.1」について

昨日、永野先生のインタビュー&表紙をエストが飾っている(先生はただのオレンジ色の服を着た少女だとおっしゃっていますが…) 別冊カドカワtreasureVOL.1 総力特集 プログレッシヴ・ロック
日本人に愛される理由というプログレに関するムックが発売されました。
私は偶然、飯田橋のあおもり北彩館に行きたかったので、角川書店のご近所にあると思われる書店で探したのですが見つからず、ツイッターアカウント @progre0905さん に本の置き場を教えてもらい無事に購入する事ができました。(その節は本当に有難うございました。)
思わず興奮して、総武線の中でパチリと撮った一枚です。ピンボケですが、絵は実際に見ていただいたほうが良いでしょうし。
さてこの本は当然FSS関係の本ではありませんが、表紙もそうだけど永野先生のインタビューが掲載されています。私はプログレは殆ど全くと言って程分かりません(タルカスはこの間の題名のない音楽会で聴いたかな)ので、知らない単語も多いですが、永野先生節全開、というか、アーティストや作品に対して凄く厳しい事を言っているんだろうなぁ。と感じ面白く読みました。
その姿勢はご自身の作品に対してもそうで、ファイブスターやゴティックメードについても語られている部分があります。私はニュータイプを今月買わずにこちらに手を出してしまいましたが、それでよかったかも。
だって、今月のNTのトランプピンナップ、大きくFFSと表記されているし^^;ニュータイプですよ!しかしこの話題は雑誌が発売されて数日後に、ツイッターでご指摘された方がいらっしゃり、でもあまり大きな話題にならなかったように思います。きっと漫画連載中だったら、さぞ炎上騒ぎ・・・とまでならなくても、もっともっとファンからのクレームがあったように思います。
何よりあの誤植、一番ガッカリされたのは先生ご本人ではないかと思います。

今回のトランプに絡めた人気投票は私は以前からその方法や姿勢に疑問を持っており、時折書いていたような気もしますが、結果発表の時思い切りクラブのAと5とで被っていたハリコン・ネーデルノイドは、ピンナップではどうなっていたのかな、と思ったら、5がコーラス19世になっていました。ちなみに4がウリクルです。・・・嫌な事が頭をよぎってしまいましたよ。というのも、コーラス19世の設定画は、2巻の2005年EDITIONではコーラス3として紹介されているからです。
そんな事で文句ぶー垂れるのは自分しかいないでしょうけど^^;しれっと入れ替えられて良い気はしませんでした。
ちなみに「本来の」コーラス3はKで、Qは彼の夫人であるエルメラ王妃なのですが・・・嬉しいか!?例えエルメラ王妃のファンであっても。でもこれはあまりに個人的感想なので当人は「トランプ絶対買わない!」とだけ述べて自分の中では終了しています。(えっ、もう書いちゃいましたか?^^;)
投票を考えた方は、懸命に思ったとしても、やはり54のキャラクターを、それも国家枠で埋めていくのは無理があったのではないかと思わざるを得ません。普通の人気投票をして、例えウリクルやコーラス3が外れちゃったりしてもね。本来ならトランプの柄に相応しいキャラクターがたくさん控えているのにも関わらず、国家枠のお陰で随分対象外になってしまっているのに、ああいう差し替えはどうなのよ、と・・・

でもあの時の得票数(872って少ないでしょう。空欄付きも加えればもっといたでしょうけど)ハリコンの被りなんかは、本来なら絶対と言って良いほどファンならウェブやツイッターなどで話題にしている筈です。でも殆どそうはならなかった。春の結果発表時点で、ああやっぱりFSS人気って落ちてきているのかなぁ・・・と実感を伴うようになりました。
これに加えて今回のピンナップの誤植と密かな入れ替え・・・もうFSSはニュータイプ的にあんまり期待されていないのかな、と失望しても仕方がないのではないのでしょうか。

そんな中、プログレ本は、このジャンルに属する音楽を知らない私でも結構楽しめる本になっていました。ひょっとすると執筆陣にクラシック界の方が(こちらは多少なりとも分かりました)多数いらっしゃった事も関連するかもしれませんが。(吉松隆さんは大河の音楽、宮川彬良さんなんかはヤマトの音楽なんかについても語られています。お好きな方は楽しめるのでは?)
なにより語られている皆さんが、プログレ好き、あの人の音楽が好き、というのが良く伝わってきたからです。こういうのを薦めたいよという熱意を感じました。
そういうのを今のFSSやゴティックメードに求めてはいけないのでしょうか・・・それはやはり、連載再開しないと、映画公開しないと、生まれてこない流れなのかも知れませんね。

さて、少し先の話になりますが、このプログレ本にも映画ゴティックメードと、10月10日に発売されるという[星団初のファンブック]”ファイブスター物語 トレーサーEx.1”の広告が載せられていました・・・ただ、こちらはガンダムのCMで見られたような画像はありませんでしたが(リブートと同じような体裁で、アマテラス表紙らしい)
単行本やリブートとたぶん同じサイズ、192Pで、1260円だそうです。
中身は・・・書いてあることを適当に抜粋すると、FSS愛をお持ちの方のイラストやコメント、永野先生ご本人による作品解説、連載再開後の事にも触れられている?インタビューなどだそうです。
2001年に出たアウトラインとか、他の副読本と微妙に被るような気もしますが、この内容なら発売延期とかはなさそうかな?ただ1って何でしょう・・・続刊するような風情を感じないのですが、どうするのかな。
まだ時間は多少あるので、この本にはせめて、作品への愛着を感じられる一冊になって欲しいな、と切に願います。

この記事をシェアする

4 件のコメント :

  1. よく読んでらっしゃる。 愛があるね

    返信削除
  2. 名も知らぬ方(匿名だから当たり前か…)コメントどうも有り難うございます。

    私はただの一ブロガーに過ぎませんから、水溜りに石を投げ込んでいるような作業をしていると自覚しつつ、記事やものを書いているので、非常に嬉しかったです。
    愛があるかは分かりませんが、私個人がミースのような…ちょっと大げさか。でも先生のお陰で、結果的にではありますが、自分の生き方が影響された事が大きかったのだと思います。(巡り巡って伴侶とも出会えましたから)
    やっている事は本当に大したことではありませんけど、それでもちょっとはお礼の気持ちをこめて、先生の応援になれたら、と思ってはいます。それ故苦言も結構多いですが…
    映画館でゴティックメードを観た方の感想が、またはFSS連載再開されて、NTの発売日に「今回の話し、凄かったね!」とネット(リアルでも良いですが、周りにいないので^^;)で話が出来ると、否定的な流れはまた変わってくると思います。
    そんな日が来る事を願いつつ、また良かったらこちらにいらっしゃって頂ければとても嬉しいです。本当に感謝しております…

    返信削除
  3. 「ファイブスター物語 トレーサー」で検索してここに来ました。
    私は昔ほど熱心なファンではなくなったとはいえ、単行本がでれば必ず買います。連載再開が待ち遠しいですね。
    模型誌を見ると新しいMHの模型が出ているのは時々見るので、
    廃れちゃったわけではないと思っているのですが…
    個人的にパルセットの話は最後まで読みたいです。
    ではでは

    返信削除
  4. 匿名ご希望の方
    こんなブログにようこそ(^_^;)家主のチークと申します。
    トレーサーのお陰かGTM公開が近いからか、最近お越しくださる方が増えてとても驚いております。FSSトレーサーについては先ほど記事をネタバレしない程度に、大雑把にですがあげて見ました。模型ファンの方は楽しめるのではないかと思います。
    今ツイッターなどでお話しする機会のあるFSSファンの方も、模型関係の方は少なくありません。私は今年田宮模型に見学に行きましたが、そちら方面は不器用な為サッパリですが…(^_^;)でも今でもMHのデザインには美しさがあるから惹きつけられるんだろうな、というのは感じますね。新作もでるような情報もちらりと見受けられました。
    ファンはどこかで寄り道していているだけで、映画公開や連載再開で「えっ、こんなにいたんだ!?」となってくれれば良いのですが…

    コメントは私の励みになります。GTM公開までは頑張るつもりですのでまた良かったら遊びに来てください。本当にどうもありがとうございましたm(__)m

    返信削除