~へっぽこからのお知らせ~

◯11月22日(水)1810分~TOHOシネマズ赤池(愛知県。名古屋の方は地下鉄鶴舞線でどうぞゴティックメードの再上映が一回限りであります。新しい施設オープン前でかなり直前ですがご興味ある方是非とも足を運んでみて下さい!

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

まさかあの人が、あの伝説が?

久しぶりに普通のコラムです。(最近FSS連載のネタバレ付き感想とそれ以外の記事とのアクセスにものすごい差が発生するのでなんとかしたいと思うことはあるのですが・・・それは書き手の問題だから仕方がない?^^;)
年が明けてからFSSオフ会に加えて、永野先生へのお祝いメッセージにも全力投球していたのは確かですっかり掛り切りになってしまいましたが、そんな中でも、ニュータイプ2月号での謎というか疑問がいまだに頭にこびりついており、どうしても若くない頭^^;は堂々巡りしてしまいます。

それは「セイレイたちはどうしてツラック隊側に乱入してきたのか??」という事なのです。

彼女達はマジで市場の子供に影響されて、そんな戦争に自分たちが味方しようと考えているのでしょうか?
セイレイが本来求めていたものはアルル・フォルティシモの首とHL1-1号機(でいいのかな)の奪還。あともしも彼女が切れそうだとしたら父親の敵であるフィルモア帝国と対峙したときくらいだと思います。けれども現在、このベラ国にアルルは来ていません。
ファンの方には物凄く申し訳ないのですが
「猪突猛進、言いたいこと言ってすぐやっちゃう、(その後始末を他のお偉いさんが後ろで慌てて考えているみたいな)そんな”結果として彼女はコーラスの王女”」
なセイレイからは、実は裏があって・・・というのはとても考えにくいですよね^^;
このなんとも把握しにくい現在のベラ国攻防戦の状況をへっぽこ頭のなかでシンプルに描くために、とりあえず自分がしたことは、とりあえず現在の状況をメモをしてみることでした。その清書版がこちらになります。(え、どこが清書だ!)

今のところわかっているのはこれだけなのですが、書いてみたりDESIGNSを読み返してみると・・・

・そういえばベラ国の近くにいるちゃあ&メナーはソープ達がベラにいるのを知ってるのかな、マグナパレスどうするのかな^^;でも彼女達だけじゃ心細いからってクラーケンベール・メヨーヨ大帝にお金積んで頼むのかな^^;(D5にメヨーヨは個人の要請でも場合によっては出陣すると書いてあるし^^;ちゃあはあのブラックカード持ってるし、何より惚れた女の頼みなら聞きそうだ・・・)メヨーヨが付くと、必然的に今そこにいるイゾルデ・サヤステとルーン騎士2人(彼らお名前まだ聞いてませんよね・・・^^;)もマッハ・シャルトマMk4で出陣しそうだし!
あ、あとジークにはどう対応するんだろう・・・?とか。

・アイシャ達は気がついていないみたいだけど、少なくともログナーの部下が連絡よこさなくなった時点でデルタ=ベルンにいるミラージュ的には一大事と思っているはずですが・・・とか。(だからそのうちアイシャも知ることになって、あのどうしようもない^^;コーラスの1団を御しなくてはならなくなるはずですよね。リブート6では配下にすると書いてましたし。)

・シェン・ラン騎士団がもしもアドラー関係の国家だとしたら、大統領閣下とか来ないのでしょうか。(3巻でのソープとの再会シーンが実現することを未だ信じております。妹さんも今無茶してますしね^^;)

など今までもこのブログで書いたり書かなかったりしたようなことを思ったりしながら・・・。
そういえば、アルルはバルンガの指示で聖宮ラーンに向かったままで、現在本当に沈黙したままですけども(遊撃騎士団という性格上、またバルンガはベラ国の向きを支持している事を考えるともっと何らかの動きがあってもいいと思うのです。)
とはいえその間にもラーンではFSS13巻の中で色々ドラマが有りました。フィルモア皇帝と詩女の縁談が進行しそうな中、今現在ファイブ・スターを詩女フンフトから託されたヘアードは逃亡しつつマグダルを探してますし・・・クリスティン・Vにも預言を・・・

あ、ひょっとして・・・ひょっとして・・・(どうして声が小さくなる^^;)
クリスティンが新たなネードル・シバレースとしてカイゼリン駆ってベラに出撃するの???大きな戦場にひとりだとまずいのでアルル達連れて!
なんて馬鹿なことが浮かんできました^^;というのも・・・

・クリスティンはハイランダーの身であるにも関わらず所属は帝国議会の下に置かれて、剣指南でもどこぞの嫁に出すのも自由に出されそうな危うい立場である。
・少なくとも元老院及び帝国議会は皇帝ダイ・グの側にクリスはいさせたくない。
・預言後、詩女フンフトはクリスティンを前皇帝レーダー8の養子にするように周囲に薦めて、とりあえず慰み者というかクリスが悲惨な状況になることは避けられそうだ。ましてやフンフトは皇帝の将来の嫁。彼女がクリスティンを連絡役でもお付きでも自分のそばに置きたいと進言してきたら・・・。
・クリスティンも詩女に複雑な思いはあるだろうけれども、預言を受けてしまっている身なのでフンフトを邪険には出来ないし、ラーンにいたほうがまだ皇帝とのやり取りはあるかもしれない。(フィルモア帝国内にいたままでは今後妨害される可能性もあるから)
・13巻フィルモア皇帝出立のニュース映像にクリスの姿がなかった。
・預言「やがてあなたが受け取る花の種をこの地に蒔きなさい」はカイゼリンのことではないか?
・勿論彼女の乗機、カイゼリン2号機でもあるGTMメロウラ(スクリーマー)でも良いのですが・・・ほら、ソープがまだ見たことないと言ってるし^^;

・・・もしもクリスがラーン出向ハイランダーかなにか(なんか一企業の人事みたいですが^^;)でベラに味方してきたら、それはすごく伝説になりそうだし、町のカイゼリンスーツが映えそうではないですか!
また、預言にもある「あなたとダイ・グの歩く道を示してくれる意外な人たち・・・この人はクリスに恨みも悲しみもぶつけてくるかもしれないけども、やがて将来ラーン近郊に戦災孤児の集落を作る」誰かさんとの出会いを、ここベラの地で生むのかもしれませんね。
でもだとしたら、二人の出会いは一方では最悪のものになりそうではありますが・・・もしもアルルとクリスが一緒ならば、誰かさんにとっては天敵が勢揃いで尚更^^;^^;

・・・なーんて書いてみたのですが、予想もの久しぶりですし多分当たってないのでテキトーに読んでね^^;

この記事をシェアする

4 件のコメント :

  1. こんにちは。
    こちらではお久しぶりですね^^;
    いやあ、すごくあり得る話だと思います!「なんで町がカイゼリンスーツを?」という疑問への答えになりますしね。詩女を継ぐはずだったマグダルの失格及び失踪、それに従いデフレもカイゼリンに乗る資格を失い、その上いかにも「新詩女フンフトが即位したから、詩女のGTMを返上せよ」と言ってきそうなラーンの神官達ですから、戻ってきたカイゼリンにクリスとカイゼリンスーツの町が乗って、アルカナの二人とアルルとスクリティーの二人を率いてベラ救援に加勢したり…うんうん、大ありと思います。

    それに現場組のミラージュは直接介入はしないと断言はしていましたけど、GTM見学に出ているソープがグランシーカーとビヨンドシーカーにばれるのは時間の問題…静観するといっていたアイシャが「ヘーカのバカ!こんなところであのクソラキなんかつれて何してらっしゃるのよ!ムカー!」とかいいながら真っ先に飛び出る光景が目に見えるようですね。

    返信削除
    返信
    1. カンさま
      こちらまで来ていただいてありがとうございます^^;ちょっと愚痴を書いてしまったかしら…お気遣いとても嬉しいです。(余談 因みに冒頭に書いた「閲覧差」ですが、ものにもよりますが5~10倍あります^^;)
      今更ですが13巻の表紙は町とカイゼリンなのだし、D4を読んでいるととても悩むのですが、でもカイゼリン・スーツと呼ばれている町がいるのならば一度は彼女がカイゼリンに乗る姿は見たいですよね!やがてはデプレ&コンコードが騎乗し短い期間でタワーと一緒にAKDへ行ってしまいますから、あんまりチャンスはないと思うのです。
      オールスター出演のように言われているベラ国攻防戦なので、FSSでのヒロインの1人でもあるクリスが出てきても、そしてそのオールスター軍団との出会いが、自国の厳しい環境漬けになりがちな彼女にまたどんなきっかけが生まれてくるのか楽しみになりました…って本当に出てくるんかい!^^;な相当な与太話でもありますが。
      あとアイシャの慌てっぷりとそこからの猛烈アタックぶりは恐らく見ものだと思います。でも子分がえらい目にあっているのにキュキィが暇そうなのが不思議ですけども、このあたりはジャマーに邪魔されているのでしょうか^^;
      しかしクロス・ジャマーの展開によっては本当に思いもよらぬGTMがこれからも続々と登場してきそうですね…気がついたらわ!という感じでどんなお話になるのか、もうちょっとですし続きが本当に楽しみです\(^o^)/

      削除
  2. 判りやすい相関図をありがとうございます。文章もいつもながら興味深く拝読しました。
    チークさんが予測して下さったように“ハイファのシーカーがお二人を見つけて参戦!”を早く見たいのですが、お約束過ぎますかね。
    しかし「王道しか描かない」が作者のお言葉ですから期待はしております。
    私は「ツラック隊エピソードのエンディング辺りでヨーン君の出番があるといいなぁ」と思っております。

    返信削除
    返信
    1. amino-pirinさま
      もう本当にお呼びだてしてしまって失礼いたしました^^;いつもありがとうございますm(_ _)m
      お約束になるのかそれを更に上回る驚きがあるのか・・・というのはこれまでも散々びっくりしていますから後者になりそうな気もしつつ、でもそれでも王道の物語でもある、という不思議なお話ですよねFSSって。

      ジークがヨーンと組んでバッハトマと対峙する場面が次のパルスェット編で予告されていますし、どうしてそうなったのかは前もって書かれそうですよね。
      ちゃあがジークを頼って、連絡役として彼はヨーンの所でも行ったのでしょうか?メナーがミラージュ騎士(新米ですが)でもあるので、まさか自分のアドバイスが巡り巡って戦場へソープたちを導いてしまったと知ったら相当慌てそうではあります・・・^^;

      削除