再び出逢えたあの煌めき、誰か教えて!ゴティックメード福岡・天神再上映

3月4日(金)、飛行場では往復共そわそわ慣れないチェックインをして、ゴティックメードを鑑賞に、大空を飛んで福岡に24時間の旅に行ってきました。
これでゴティックメード遠征?^^;は大阪名古屋広島と続き4度目となります。
数年前の私ならば、まさかゴティックメードがきっかけで人生はじめての九州旅行になるとは思いませんでしたが^^;それでも今まで二度ほどチャンスがあったのに逃してしまったこともあり、この時ばかりは何としても行きたかったのです。

しかし、福岡凄いところですね。空港から街が近い!
すぐ地下鉄の駅があって、上陸して1時間もしないうちに天神のホテル近くでお茶していました・・・。たった1時間で街が好きになってしまいましたよ。
さてさて夕方に、今年のFSSカレンダーでお世話になったElieさん響さんのコンビにお会いして、(こんなのにお付き合いいただき改めてどうもありがとうございましたm(__)m)FSS話で花が咲きつつTOHOシネマズ天神へ。こんな写真のような感じでした。


今回TOHOシネマズ天神本館で行われたゴティックメード、スクリーン3は文字通りこの劇場の中では3番目位の大きさかな?(もっとも上位とそれほどの違いはないですが)であり、スクリーン・サイズとしては角川シネマ新宿くらい・・・でしょうか。
でもまずびっくりしたのは「女性が多い」
数えた訳ではないけど^^;半々、もしくは女性のほうが多くないかしら?と思うくらい・・・(そしてお若い方が多いような気がしました)。またチケットは154枚販売(席数239)だったけどもっともっと埋まっているように思いました。
当日券でいらしてくださった方も結構いたのかしら。と嬉しくなりつつ開演を待ちました。

そしたら、そしたら・・・私は二分くらいで気がついたのですが、凄く綺麗だよ今回のゴティックメード・・・!!あの梅田ブルク7を彷彿させるのです。
もっと直感的に書くと「自分の視力が勝手に良くなったのか?」そんな気がするくらい一瞬一瞬の画面から流れてくる情報量がとても多いのです。
永野先生は設定画の印刷と発色に拘っていらっしゃいますが、今回設定画がそのまま飛び出してきたかのように色合いがとにかく美しい。なのに画面の書き込みがくっきりわかるから、今まで気が付かなかったものが見える。また、キラキラやバシッと光る場面の煌めきもバッチリ発光しており、細かいところがちゃんとスクリーン上でくっきり表現されているため、先生の作られたアニメーションの凄さが際立つ感じの70分でした。
今回は物語に浸るよりも一瞬でも見逃すな!!みたいなアドレナリンが出っぱなしで興奮が抑えきれないほどでした^^;

実際だと、どう具体的に表現したらいいのかしら・・・例えばシワルベ内でオペレーションしている奥の少年クルーの見ているベリンの映像まではっきり見えましたし、惑星のフォントも何だか読めそう(いや、何と書いてあるかは分かりませんけど^^;)また、雨はより繊細に映り、ブリッツはバシッと光り、飛躍するトリハロンの砂煙が見えたり、カイゼリンの起動やLDIの瞳の輝きが違って見えた。まだまだあるけど・・・あ、ラストシーンの光の交差はゾクゾクしました!

今回福岡でGTM観るのがはじめての方、いらっしゃったらそれはとてもラッキーだったと思いますし、あれだけのものを見せつけて何も感じなかった、ということであればそれはもう、ご趣味が合わなかったのですねとしかお答えできない感じです。
またゴティックメード久しぶりの皆様(とても多かったです。確かにそうですよね・・・)にも素晴らしいクオリティの画を見て頂けたと思うのですが・・・でも、今回の福岡上映をを凄かったと今までと比較して言えるのはひょっとして自分しかいないかしら・・・誰かいませんかーーー!
音は、確かに劇場側も頑張っていましたけども、9,1chドルビーアトモスではないのであれで限界かな、とは思いましたけども、私としては情報量の多い鮮やかピッカピカアニメーションこそがこの作品のもう一つの肝だと思うので是非またあの画質に出会いたいのですが・・・
でも私は専門家ではないため、一体どうしてそんな事が起こるのかわかりません^^;映写機変えたばかりとか、バランスを整えるのが大変とか何らかの要素があるのかしら
TOHOシネマズさんもしくはドリパスさん、画像バランスとか是非福岡の情報をご参考になさって下さい!
ゴティックメードはあれが良いんですあれが!!
(とこんな所で書いても仕方ないからドリパスに送ってみるか・・・)

と何だか意味不明な喚きを繰り広げたあとですみません、今回も沢山の方にお声をかけていただき大変どうもありがとうございましたm(__)m
はじめてカードが品切れになりました。お配り出来なかった皆様大したものではありませんがそれでもごめんなさい^^;
さきほど書いたElieさんや響さん、火の馬さん、ねくたりんさん、そして以前のへっぽこ文章「ささやかな最大権力」(pixiv版有り)の時にとても大きなアイデアを私に下さったこよたさん、そしてこのブログにもコメントをくださり、ドリパスでは私とリクエスト投票を争っている?^^;Toshiさんにもお会いすることが出来ました!(※余談ですがToshiさんのお連れの方がOkazakiさんという方で、名古屋GTMではじめて出会ったオカザえもんからなんという繋がり~となったのは内緒になっていません^^;)
そしてToshiさんが現在作られているGTMダッカス(未完成です)を持ってきてくださり見せていただいたのですが・・・皆さんびっくり!だって・・・写真のこの状態が

何かぱちぱちっと、まるで服のスナップボタンを外すようにいとも簡単に取り外しして直ぐ様この背骨のライオン・デトニクスフレームが現れたわけです!これだったら私でもつけたり外したりできそう・・・^^;と錯覚を起こすぐらいパーツの作りがレーシングカーのように無駄がないのです。何か、ソープかライド博士みたいなガーランドのお仕事を垣間見た気分でした。
このダッカスは60センチ位になるそうです。是非とも完成させて下さい!と心からお願いしたいです。模型に詳しい方程見たら驚いてもらえるのではないかと思うのですが・・・またToshiさんには完成の暁にはご一報いただけると大変嬉しいです。是非是非お願いしまーす(*^^*)
この後ToshiさんとOkazakiさんの3人、Okazakiさんお薦めのベースキャンプというお店で薬膳カレーの宴(でも誰もアルコール一滴も飲んでないのにハイテンション)となりました。カレーは素材の滋味とスパイスのフレッシュさが感じられて美味でしたし、お店では偶然にもすみれの砂糖漬けを使ったケーキも有り、こちらも大変おいしく頂きましたm(__)m
福岡は美味しいものも多いですね!(※こちらはブログに直接関係しないので割愛しますが、食べ物関係はご興味あればG+の方で投稿してます)
たった24時間の滞在でしたが、大変素晴らしい旅でした。次回はあれもこれもと考えつつ帰路につきました。今度はよ、良かったら・・・オフ会も企画したいですね。その時はまた是非ともよろしくお願いいたしますm(__)m

色々な差し入れまで頂いてしまい大変ありがとうございます(あ、背後の本は違います、ホテルの隣がまんだらけなので買ってしまいました^^;)大切に頂いております。
今後共、へっぽこブログで何らかのファイブスター物語の輪が広がってくれたならこれ以上嬉しいことはありません。
あ、そういえば・・・すみません福岡でお会いした皆様には宣伝しまくってしまいましたが^^;
良かったらFSS塾へ遊びにSNS/Google+にお越しください~!
もし名刺などで私をキャッチ出来ましたら招待状お送り出来ますし、FSS塾は認可制ですが申請して頂ければほどなく通ると思います。
参加してくださった皆様には「コミュニティについて」を一度お読みの上(スマートフォンの方は丸印にアルファベットiの文字のところにあります。)自己紹介とアイコン画像だけご用意頂ければ大変有難いです。

この記事をシェアする

2 件のコメント :

  1. チーク様
    先日の福岡遠征(西方の都行き?)お疲れさまでした!
    上映後もいろいろなお話が聞けてほんとうに楽しかったです。
    ※お疲れのところ長い時間お話させていただいてすいませんでした。
    翌日”あまおう”は無事ゲットされましたでしょうか?
    また、早速ダッカスの写真も掲載していただいてありがとうございます。
    個人的には至極普通に作っているつもりでしたので、皆さんがビックリされていて自分もビックリ!という感じでした(笑)
    一応締切りに追われる状況ではなくなりましたが、体調整えつつなるべく早めにお披露目できるよう制作頑張ります!
    さて、上のレポートにもあったように、今回の上映は本当にクリアな映像だったと思います。
    だからこそ私もカイゼリンの装甲と関節の連動の仕方に気がついて、製作中のダッカスにも少し構造の見直しが必要になりましたが・・・(笑)
    毎回各地の劇場毎で色々な条件が異なるのでしょうから、今回の評価やデータが共有されるような仕組みになっていると良いのですが・・・
    あと、Google+の方は今まで使ったことがなかったので、ちょっとチャレンジしてみますね!
    ※ちなみに、現在私のMAC(OSX 10.6)とi-phone6sのSafariからこのブログにコメントしようとすると、入力した文章が消えるという症状が発生しています。GoogleChromeからだとコメント可能なようですね。

    返信削除
    返信
    1. Toshiさま
      先日は思い出深い大変楽しい旅路となりました。本当にありがとうございましたm(__)m
      あまおうだけは叶わなかったので、それは今年は東京で買って思い出しつつ、次回以降のお楽しみです。(変わったポテトチップスは買いましたが…。)
      ブログの事をFSS塾でお知らせした所、Toshiさんのダッカスについて反響がございました。ぜひ完成したものを観てみたいというお話になりました。塾長さんの澤木正克さま(このブログでもコメント下さっています)はじめ模型に詳しいFSSファンが何名かいらっしゃいますので、もしもお時間あれば覗いてみてくださると皆さん喜びます^^

      ええ、このブログそんな不具合あるのですか^^;iPadproのサファリでコメントを書いている分(iOS9.2.1)には問題なかったのですが…ううむ、何でしょう…
      でもiOSの場合、あちこちアプリを広げていると書きかけのSNS投稿が消えてしまうことがあり、ついそういう事をしてしまいひやあああぁぁと悲鳴を上げることはあります。

      そして映像についてそう仰っていただいて嬉しいです。実は新宿のTCXやお台場ではあそこまでクリアな色彩や光り方に当たったことがなく、(音は確かにグレードアップするのですが)梅田は実は幻だったのかな、なんて考えてしまう所だったので、この感じが何とか他でも実現して、更なる物語の魅力発信につながってくれたらな、と何となくですが考えてしまいます。永野先生の画風が繊細であり五感に訴えるものですから…ひとまずドリパスにはフォームから同様のことを書いて送ってみました。素人感想ですから見当はずれかもしれませんが^^;
      是非とも今後とも宜しくお願い致しますm(__)m私もFBちょくちょく覗かせていただきますね。(Okazakiさんとも先ほどメッセンジャーで例の物^^;についてお話してみました。使ったことないものは緊張しますね…)

      削除