~へっぽこからのお知らせ~

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

撒かれた種は…ゴティックメード本公開から一年。

映画ゴティックメードが去年の11月1日に公開されて、もうすぐ一年になります。
そして漫画ファイブスター物語も連載再開され、展開を追うように
聖宮ラーンも出てきたし、ノルガン・ジークボゥも登場した、
あのお花畑にトリハ・・・いや、ダイ・グも現れ同じ道を歩いた。
あとは出ていないのはカイゼリンかな?
・・・それはDESIGNS4、もしくはゴティックメードのソフトと同じ頃にでも登場するのかな?

なんて思うこの頃だったりします。
今度出るニュータイプにDESIGINS4の詳細が明らかになるらしいですし、一体どんなお祭り騒ぎ^^;になるのでしょうか?(こんなツイートが出ていますしね。)
角川さんだって商売したいだろうしソフト化があればまず売れる作品でしょう。
新規設定が沢山盛り込まれた書籍DESIGNS4と一緒に出せばきっと話題も更に盛り上がるでしょう。
そういえば去年まも☆しんとかで話題になっていた6歳からでも作れるというカイゼリンの模型?話についてだって、そろそろなのかも知れないし。
はやいものでゴティックメードが公開されて早一年、季節は急に冬の足音が聞こえてきて、そして最近になって公開当時のことをを思い返す機会が増えてきたように思います。
2012年のその頃映画になった作品は多分、ゴティックメード以外は殆どソフト化されて、アニメは特に豪華特典でも付けて売られたのかもしれません。ファンの間で話題が忘れ去られないうちに次の手を、というのも売り手の戦略としては必要なのでしょう。

でもこの映画に関しては、物語の最後まできちんと載せられたゴティックメード・ワールドガイドという本は出版されても、いつまで経ってもソフト化の音沙汰がありません。
そうしているうちに漫画ファイブスター物語は連載再開され・・・何だかあの時は物凄い阿鼻叫喚というか大いなる絶賛と物凄い拒絶が入り混じったようなネットの声があり、その事を思い出すと色々複雑な思いがよぎります。
私個人は勿論驚きながらも(驚かなかった!という方いたら凄いと思うけどいらっしゃるかしら・・・)多少のクッションと、一体何が永野先生をここまで駆り立てたのだろうかという大きな好奇心の方が先行しました。
そして個々の感想については多分、映画ゴティックメードをご覧になったとならなかったとで、漫画を読むひとの世界がまるで違って映し出されて見えたのではないかと、そんな気だけはするのですが。

そんな頃、ちょうどファイブスター物語の連載再開と前後して、ゴティックメードをまた見たいというファンの渇望がドリパスという再上映サイトと結びついて豊洲・梅田での再上映に繋がりました。ご覧になられた人数には限りがありますが、それでも本上映の時は間に合わなかった方が少しでも映画の魅力を体感し、ファンが増えたのだったら嬉しいのですが。
え?ソフトの方が便利で手っ取り早く多くのファンに見てもらえるだろう、全国のレンタル店にも彩られ、何も知らなかった方にも話題にもなる、何より映画をご覧になれなかった地域の方も少なくないのではないか。そんなご意見も多くあるでしょうし尤もだと思います。
人生において70分なんてほんの僅かな時間です。
でも、ゴティックメードを大画面で観る、カーマイン・プラネットへ行けたから今の私がある。そんな事を思いながらナイトフラグスの後書きを読んでいるこの頃です。
機から見ると永野先生に付き合うのは物凄く大変なことではあるかもしれませんが、私は(多少の取捨選択はありますが)それがとても楽しく面白く自分の心を大いに刺激してくれ、そこからまた私自身を(へっぽこなりに^^;)活性化させているのだな、ということを改めて実感することになった一年だったと思います。
ゴティックメードが公開されてからの一年、ブログやツイッター内だけでなく実際にも多くの出会いとご意見を頂きました。本当に感謝しております。
ちっぽけなブログの家主でも、その声はとても小さくても、出してみるものなのかも知れませんね。

DESIGNS4と一緒にゴティックメードのソフトが出るのかは個人的予想の範囲を出ませんが、もしここで出なかったら本当に暫くは、あるいはそのままソフトとしては登場しない可能性が高いようにも思います。
それでは困る!という方はその声が届くように、ありったけの思いを出しておいた方が良いと感じますよ。本当に。

とつらつら訳もなく綴ってしまいましたが、私はこの楽しかった一年間を胸に、再び大画面の向こうにあるカーマイン・プラネットへと、意気揚々と行ってこようかと思います。(その前にニュータイプのFSS連載がありますが・・・)
ここでも以前お伝えしましたが、来月に再度、カイゼリンやベリンやトリハロンに出会えるチャンスがやってきました!
11月30日・お台場シネマメディアージュでのゴティックメード再上映ですが13時の回についてはまだチケットがございます。(10/30現在残り80枚です)今までご覧になれなかった方、人に薦めたい方、また私のように物語への旅に出たい方はドリパスのサイトにてチケットを購入の上、どうぞお台場までお出かけ下さいm(__)m

下のトリハロン・・・あんまり似てませんけど(^_^;)私のへっぽこ画力では宣伝にもならないけれども、どこかで誰かの目に再上映の情報が留まるといいな、という思いで追加枠が出た時に慌てて(チケットが完売してしまってもいけませんから)
「種が広がりますように。」













追記 ここで先ほどまで藤井さん主催のFSS/GTMアンソロジー"Joker2014"の告知をおこなっていたのですが、なんと先程完売したとのご連絡が!ちょびっと関わった私としても大変嬉しいお知らせでした。原稿に、また本をお買い求め下さった皆様、大変有難うございましたm(__)m
皆様のこれからにも、素敵な出会いがありますように!

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿