La Valse


先日、4年に1度しかない五星音楽コンクールという名前の、音楽家にとっては最も栄誉のある、華やかで厳しいコンクールが行われ、惑星ジュノーのコーラス王朝・首都ヤースに在住するアレクセイ君が見事、ピアノでその栄冠を勝ち取った。
当然彼の地元では、彼の音源が飛ぶように売れ、新聞、テレビではトップニュースとして、大いに取り上げられていた。

…それから1ヶ月、アレクセイはコーラス城の、ただでさえ広い城内の中でも一際目立つ、白亜のテラスを真下に見下ろす、ガラス張りの部屋に一人通されていた。
3日後には別の音楽ホールで、王室主催によるガラ・コンサートが開かれるのだけれど、その前に彼のお披露目、という名目で、祝宴コンサートがこのバンケット・ルームで行われる事になっていたのだった。
しかし一体この会場だけで、どの位の人が集まるというのだ?
まだ芸術学部の大学院生でもあるアレクセイは、国家色でもある白とモスグリーンを基調としたこの部屋のテーブルセッティングを目の当たりにして、ある意味コンクール以上の緊張感を覚えた。

今夜はこの場所に国王夫妻をはじめ、コーラス3王家のトップ、議会首脳陣あらゆる国家要人が集まるらしい、というのだ。
今はいわゆるランチ・タイムの時間ではあるのだけど、コンクールの激戦を勝ち抜いてきた彼でさえ、昼食を拒んで、今、目の前にあるグランドピアノで練習する時間を作ることにした。
「大丈夫だよ、何時もどおりにすれば」
彼は言い聞かせるように呟くと、漆黒の艶が照り返すピアノの前に立つのだった。

アレクセイは事前にスタッフと打ち合わせした3曲の楽譜を部屋に持ち込み、そのうちの1曲を練習する事にした。
…しかし、緊張しているからかどうも調子が上がらない。
何回か手を止めた後、ちょっと気分転換に、と楽譜にはない、違う曲を弾き出した。
自分の大好きな1曲。今夜この場で奏でる曲とは、ちょっと雰囲気が異なるけれど。

…このアレクセイの悪戦苦闘ぶりを知らずに、バンケットルームのデッキの屋根に立膝を突き、ピアノの音に耳を澄ませている髪の長い少女がいた。
ファティマ・ウリクルだった。
今夜のコンサートは、彼女はモニター越しでしか見られないけれど、コンクールの覇者が一体どんな音楽を奏でるのか、好奇心で覘きに来ていたのだった。
この瞬間、コーラス城は、これ以上の好天はないとも言えそうな、雲ひとつなく、空がどこまでも青く高く見える。
ポロリポロリと散発的に聴こえてくる旋律は、聴いている側が、なんだか音と共に、その青い色に吸い込まれていきそうな位だった。

しかし、屋根上で一人様子をみていた彼女は、ピアノに集中する余り、耳元で何かを囁かれるまで、背後に誰かが来ていることに、全く気がついていなかったのだった。
「彼、うまくやっている?」
その声に驚愕して振り返ると、彼女の主人(マスター)、コーラス王朝の国王でもあるコーラス3世が、グリーンの儀典服のまま、そこにいたのであった。
マスター!と振り返りざま、声を上げそうになったウリクルは、すぐさま「シーッ、」と唇に人差し指を当てられ、発言を遮られた。
「さっき反対側を歩いていたら、君がそこにいるのが見えたんだよ。」
コーラスは悪戯っ子のような笑顔を、ウリクルに向けたのだった。

「マスター、ここで油を売っていても良いんですか?」
ウリクルは訝しげな視線を彼女の主人に向けた。
「午後は大きな予定がないし、今晩も身内だけだからね。晩餐会といっても、舞踏会じゃないし。」
だから少しくらい話をしたって良いじゃないか、と開き直った態度を言葉の隅に忍ばせつつ、コーラスはウリクルの隣に座った。
「?…マスターって舞踏会、お嫌いなんですか?」
「音楽を聴くのは好きだけど、舞踏会は嫌いだね。だって同じ所をクルクル回らなくちゃいけないじゃない?」
ウリクルは今更ながら知ったマスターの弱点を、興味深く聞いてしまうのだった。

「…この曲、”ラ・ヴァルス”だね。」
建物の下から、徐々に明快に流れてくるワルツの旋律。
コーラスはアレクセイが弾いている曲の正体に気がついたようだった。
「これ、ワルツだけど、普通では踊れないんだよね。段々と壊れた感じになってくるし」
華やかなメロディーラインが、二人の直ぐ傍を駆け抜けていく。
「音楽が壊れていくんですか?」
「いや、ただ聴いているだけなら艶やかで優雅な曲としても受け取れると思う。でもね、…この曲はどこか狂気を秘めているというか、そんな感じ。」
さっきまで一人きりだったのに、思いがけず、コーラスの解説を、直に聞きながらこうして音楽を聴いていられるなんて。
夜の会場に行く事以上の贅沢なひと時かも、とウリクルは微笑んだ。

ただし、ウリクルの穏やかな時間は、ここで途切れてしまったのだった。
コーラスが次に切り出した言葉で。
「そうだ、ウリクル…この曲で、踊ってみる?」

…彼の一言は、ウリクルの眼が見開くほどの、驚きと焦燥をもたらすものだった。
「えっ?ここで…踊るんですか。」
「教えてあげるよ。というか君ならすぐに出来るよ。」
コーラスの提案に、ウリクルは全身の血液がたぎりそうなのを感じながら、
「でもマスター、舞踏会がお嫌いだって」と抗してみた。
しかし、コーラスは全く意に介さず
「狭い所を同じように回るのが嫌いなだけで、ここなら良いよ。ほら立ってごらん?」
コーラスはウリクルの右手をとって、一緒に立ち上がった。

「─ほら右手は僕の左手に。首には届く?無理なら肩のところでも良いよ。」
ウリクルは他に誰も見ていないよね、と心から願いながら彼の指示に従った。
コーラスは彼女の制服の白い腰ベルトの辺りに手を回して右手を置き、ダンスの体勢が完成した。
「いい?あとは僕についてくるようにすれば大丈夫だよ。曲も聴いてね。ほら1,2,3…」
少しずつ歩みだしたものの、突然の展開に、また自分の顔がコーラスの胸元の辺りに来るため、いつもならばもう少し彼の指示通りに出来そうなのに、今日のウリクルは全く足がおぼつかなかった。
彼女ののあまりのぎこちなさに、コーラスも少し驚きながら、なんとかリードしようと曲に合わせてステップを踏んでいたが、
二人は夢中になる余り、ある事をすっかり失念していたのだった。

「あっ!?」ここが屋根の上だったという事だったを忘れ、ウリクルがよろけて足を踏み外した。
「危ない!!」体勢を崩し、落下しそうになる彼女をコーラスは咄嗟に抱えこみ、建物の角を蹴って跳躍した。

アレクセイの弾くピアノに、一瞬緑色の影が映りこんだが、当人は全く気がついていない。
そして彼は、もう一つ、…こちらは気がつくべきだったかもしれない。
誰かが部屋に入ってくるのを察しないまま、ウインナ・ワルツ調の楽曲をを弾き続けるのだった。

バンケット・ルームの屋根から落下しそうになったウリクルを間一髪救い出したコーラスは、彼女を抱きかかえたまま、更に2度3度跳躍して、デッキの真下に広がっている城の広大なテラスの、巨大な柱の死角になりそうな部分に潜り込んだ。
助けられると確信はしていたものの、彼女を危機にさらしてしまったことに、胸の痛みを覚えた。
革の白い手袋に包まれた、手の平が汗ばんでいるのを感じた。
「…怪我はないかい。」
ウリクルは自分の身に一体何が起きて、今どうなっているのか、把握しきれないまま、何とかコーラスの質問にだけは答えようと努めた。
「大丈夫です。…怪我もしていません。」
「…よかった。」
安堵のため息に、彼女の右肩に添えられていた腕に力がこもり、更に自分の下へとウリクルのか細い身体を強く引き寄せるのだった。
「マスター。」彼女はそれだけを発するのが精一杯だった。
軽いめまいのような、戸惑いと甘い誘惑を感じながら。

…しかしラ・ヴァルスの狂乱は、二人をこのままにさせておくのは許さなかった。
もうウリクルとコーラスからは遠く離れてしまって聴こえないはずのピアノの音が、突然はっきりとした輪郭を持って、バルコニーに響きだしたのだ。

ピアノの練習が、突然筒抜けになって城内の放送に乗って流れ出してくる。
一体誰が、何のために?
「マスター、こ、これって…」
屋根の上で踊っていたのを誰かに見られていたのではないかと
いう危惧が現実になって現れたのではないかと、ウリクルは悟った。
「曲が挑発しているね。」
コーラスは、誰かからのこの意図を無視しているのか、それとも本当に気がついていないのか。ウリクルの感じた恐怖とはまるで筋違いの意見を口にした。
そして彼女を自分の束縛から解放すると、更に信じられないことを言うのだった。
「もうちょっと踊ってみようか。ここなら広いしね。」
メロディは語気を強め狂いだす。
それに引っ張られて彼もおかしくなってしまったのではないか。
しかし不安に駆られる間もなく、立ち上がった彼がウリクルに向かって手を伸ばしてくる。
それを拒む事も出来たのかも知れないけれど、彼女も結局は旋律の魔法に勝てなかった。
コーラスはウリクルの右手を取って、テラスの中央へと二人は駆け寄るのだった。

「なんだ、出来るじゃない。」
たどたどしかった先ほどとは比べ物にならないくらい、二人の呼吸は急速に、ぴたりと重なった。
ウリクル自身も信じられない程、スムーズにコーラスのステップに合わせてついていく。
彼女の頑なな表情にも、徐々に笑顔の花が咲きほころび出した。
その変化を感じ取りながらコーラスも笑う。
お互いが作り出した柔らかな空気が彼を次へ、次へと憑かれたように導くのだった。
「回れる?」「バク転できる?」
他の誰かだったら無理難題間違いなしのコーラスのリクエストにも、彼女は何の躊躇もなく応えていくのだった。
ダンスの作法をすっかり無視し、段々とアクロバティックな動きになっていく二人が、ふっと思い出したように周囲を見渡すと、すっかり状況が変わっていることに気がついた。
「観客がいますよ、マスター。」
さすがに二人とも踊りながら一瞬、ぎょっとなり事態の深刻さを理解した。
突然鳴り出した、大音量のピアノのBGMに、城で最も目立つ場所でのショー。
お昼時と言うこともあって人が人を呼び、気がつけば王とファティマの舞踏見たさに城中の職員が殺到して、テラスに黒山の人だかりを作っていたのだった。

「何か凄い事になっちゃったね。」
「どうしましょう…」
「もうすぐ曲が終わる、その時逃げようか。」
真面目な顔で困惑するウリクルに、苦笑いしつつも、この取り返しのつかない状況をどこか楽しんでいるコーラスがいた。
そして彼女の耳元で、何かをささやいた。

やがて二人はお互いの両手を取って、クルクルと勢い良く回りだした。
テラスの床が削れるか、竜巻が起こるのではないかと、その場で見ていた人が後に語ったくらいの凄まじさだった。
「行くよ」
最後のフレーズが掻き鳴らされると同時に、二人は手を離し、別々の方向へ跳んでいったのだった。

アレクセイが気晴らしに、と弾いていた曲が全て終わった時、彼はようやく、今までの状況が一変している事に気がついた。
盛んな拍手。歓喜の声。
気がつけばアレクセイの周りには、こちらも信じられないほどの人の集まりが出来ていた。
テラスにたどり着くのに間に合いそうにもない人々が、このバンケット・ルームに殺到していたのだった。

「素晴らしいものを見せて貰ったわ。どうもありがとう。」
誰かがアレクセイに声をかけて、去っていく。
彼には1曲を弾ききった事以外の心当たりがなく、この言葉の意味を理解することが出来なかった。
やがて人々は次々にアレクセイに話しかけ、それぞれの持ち場に消えていった。
その喧騒と入れ違いに一人のトリオ騎士が部屋に入ってきて、彼はあまり嬉しくなさそうにアレクセイに言うのだった。
「どうして君の練習が、城内に流されているんだい?」

後でアレクセイと騎士は、誰かが無線マイクをピアノの上に置いていったことを知るのだった。
騎士に質問されても、アレクセイは誰が何故このような事をしたのか、答えることが出来ない。
そしてその間何が起こったのか、半ば愚痴のように騎士から聞かされ、その出来事を、怖れ多いのと、二人の舞踏を是非見てみたかったのと、コンクール覇者の胸中には、両方の思いが交錯するのだった。


おしまい。

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿