~へっぽこからのお知らせ~

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

何故かもう一つ、へっぽこガイドが出来ました(;^_^A

今月はどういう訳か3月号のニュータイプ誌・へっぽこ感想文のページ・ビュー数が伸びております。
(いや実際には全く大したことがなくこれが通常のブログなのかもしれませんけど、ね(^_^;)
それだけ表紙とその中身の落差が激しく感じられたのか、あるいは別のご意見をお持ちかは分かりませんが反響の大きさに驚いております。

私は残念ながら他の漫画やアニメ作品にそれ程入れ込んでいるタイプではないので
(はっきりいって、そんな時間ないです!)見当違いのことを書いているのかもしれないのですが・・・
「勿論実際に色々な進行が遅れているのは事実、しかしファイブスター物語という作品は雑誌の顔だろうし実際本の売り上げにも左右される。しかし大型出版社の枠内の話だから誰も責任は取らないし愛情を持って作品を扱っていない」
・・・とは思いたくないのですよ。
これが不人気作品等であればそんな態度が(出版社も人の集団ですから)見え隠れしていても不思議ではないのですが。
最近、ブログへ寄せられるコメントやSNSでFSSリブート以降の展開を思い返したり、今回の作業でGoogleドキュメントを引っ張り出したりしていたら、少しそんな考えに思いを巡らせてしまい、慌てて自分の中で打ち消しました。
しかしながら、真面目にFSSという作品を追いかけているファン程、”作品そのもの以外”で何か思う事はあるのかもしれません。
アニメーション作品ならば、不手際は即作品の打ち切りや製作スタジオの損害や経営悪化になったりもしかねないのですが、そんな事のない大型組織に属しているからこうなるのでしょうか。
いや、角川さんもリストラのニュースとか流れたりしますしね・・・。

・・・本来の記事とは方向性の違う、何だか重い出だしになってしまいました。すみません。
今回はそんな合間にも忙しくこんなものを作っておりました。
Google+内”FSS塾(ルミナス学園G+校)”にて勝手に(^_^;)私が連載していた”ファイブスター物語・勝手ガイド”の続編を纏めたものが出来上がりました。

今回もFSSを読んだ事がない方向けに2つの項目、計8頁の簡単なガイドを用意しました。
・ファイブスター物語に出て来る星や舞台となる国について簡単にご紹介。
・私が厳選した”はじめましての方にご紹介したいキャラクター10名” です。

ここでは前回同様、サンプルとして二つ画像を掲載するにとどめたいと思います。
とりあえず下手でへっぽこですが、「分かりやすい説明になるようにだけは」気をつけました。
Googleドキュメント、もしくはイラストSNS,pixivにて公開しております。
同じ内容ですのでご利用しやすい方をお選びいただければ幸いです。
(前編 Googleドキュメント版もしくはpixiv版とも併せてどうぞご利用下さい・・・?)

FSS塾も40名以上の参加者を迎えておりますが、引き続き新たな勇者を募集中です。
どうぞファイブスター物語はじめての方から何十年追いかけている猛者まで、皆さんでワイワイ作品の話が出来たらへっぽことしてもとても嬉しいです。
(SNS・Google+への加入が必要です。コミュニティは承認制ですがよほどのことがなければすぐ参加できると思います。どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m)


さてここからは少し、作品ファン向けの後書き的なことを加えたいと思います。
ここで一区切りさせてもらいますね。

今回”FSSはじめましての方にご紹介したい10名”ということでキャラクターをヒイヒイ言いながらも記していきましたが、前回既に1巻の登場人物14名+単語解説に2名取り上げておりましたので、重複を避け、予め今回の候補者からこの16名は外させていただきました。
どう考えても1巻の人物は作品の掴みというか、重要な方ばかりですしね。
ですので今回はその面々プラス補足として、誰を取り上げるかということで悩む事になりました。

このため「物語の大きな役割とを担いそうな人物と、ちょっと意外な感じだけど多くの人物と関わりを持つキャラクター」をお伝えしようという事で8名まではすんなり決まり、あとの2人で悩んであれこれ入れ替えておりました。そこで外されてしまったのが表紙の4人です。
これが”ご紹介したい15人”になったとしても、彼らがすんなりそのままスライドする訳ではありません。難しい舵取りだと思いました。
しかし改めてリストアップして思ったのですが「映画ゴティックメードに登場している人物」の何と多い事!4人も(没になった半分もそうですね)いるのですから吃驚.です。
改めてこの作品が単独で楽しめつつも、ジョーカー星団の歴史における重大な役割を果たす映像なのだなと、認識する事になりました。

そしてお気づきになった方もいらっしゃったかもしれませんが、今回の人物紹介の中にファティマはひとりも加わっておりません。
ひょっとするとこの人数が"20人"になった時、ファティマ・ビルトか、パルスエットか、パルテノかクーンの誰か1人くらいは入ったかな、という気もするのですが、それでもあくまで可能性の話です。実際に考えてみたら誰も入らないかも知れません。その位ファイブスター物語における彼女達は・・・いや、ここで書くことではないのでその辺りはまた後日に・・・。

そして最後に・・・。
今回の10名は前回のキャラクター紹介16名から付け加える形となりましたが、
「もし、そういう前後の事情抜きに、はじめての方にFSSの登場人物を10人レクチャーするとしたら誰にする??」
皆さんはいかがされるでしょうか?ご紹介にも色々な切り口があるでしょうけれども・・・
自分が考えてみた人物リストだけ、ここに書いていこうと思います。
いわゆる好きなキャラクターとは違った側面から考えられるのもまた、面白いと思いますね(^-^)
ひとまず、私ならこうします!

ナイアス(ゴスの)
スパーク
ナイン
ちゃあ
ラキシス
カレン
シアン夫人
ブラウ・フィルモア女王
泰千錫華
ツバンツヒ

・・・ビジュアル重視。一枚の絵にドーンと掲載して、ど派手にいきたいですね^^;

この記事をシェアする

2 件のコメント :

  1. チーク様
    そうか…スパーク(マドラ)入れないとですね…。ナ・イ・ンもツバンツヒも超重要!
    本当、キリが無いですね。
    個人的には詩女ナカカラも…

    返信削除
    返信
    1. 澤木正克さま
      いつもどうもありがとうございます。
      長めのコメントをGoogle+に書いてしまったので(^_^;)ここでは余談を・・・
      書いてから「嗚呼っ!キュキィ入れ忘れた!巴さんもいない!」となりました(^_^;)でもそうすると誰かを削らないとという・・・ちゃんちゃん^^;
      格好だったらフンフトさんも入れたかった・・・あのセクシー悩殺ルックで。しかしあれで悪女然させなかった永野先生は凄い・・・と改めて。

      削除