星降りの夜(1)

その1 2960年 「マスター、、マスター。どこにいるんですか?」 7月のある真夜中の事だった。 廊下を、屋敷のあらゆる部屋を覗き込んでもいつもの姿はなく、ついには2階のバルコニーへ出て、トーンを押えつつ声を上げてみる。 明日の出立は早いというのに、彼女の主人はどこへ行...

星降りの夜(2)

「マスター、夜中にこんなところで何をしているんですか?」 ウリクルが植え込みを回りこんでコーラスの元へ近寄っている間も、彼は一心に上を見つめていたように思えた。 「この通り。夜空の星を見ていたんだよ。」 彼はちょっと咎められそうなのを気にかけたような含んだ声で、ウリクル...

星降りの夜(3)

「・・・もう遅いから本当はもうお休みになってほしいのですが、それなら、私も流れ星探すのを手伝います。」 ウリクルは意外なまでに真剣に夜空を注視するコーラスの姿をどこか面白く思い、こう彼に提案してみるのだった。 「本当?なら助かるよ。4つ眼があればもっと見つけやすいだろうし」 ...

星降りの夜(4)

その2 2987年 「・・・ジュノーはまだまだ新しい惑星だということかな。はじめて聞いたときは、いろいろな言い伝えが星の歴史として残されるんだな、と思ったよ。」 「"星降りの日"の事ですか。」 あの日と同じ7月のとある夜だった。 ふたりがいた場所も...

星降りの夜(5)

「・・・もうすぐ戦争が起きてしまうかもしれない。」 一瞬は笑いに包まれたふたりだったけれども、重いコーラスの一言が、現実へと引き寄せた。 それはウリクルもつぶさに彼から、あるいは他の者からも聞き知る最悪の選択だった。 「なんとしても避けたいしこちらもそうなるように日々努めて...

星降りの夜(6)

今まで見たことのない輝きの前に、つい二人ともはしゃいでしまったが、流星群は、時折その残像を残しつつも、あっという間に二人の前から消えてしまい、またしても夜空は静寂を取り戻してしまうのだった。 「幾つもあったね。流れ星。全部は無理だと思うけど、何か一つくらい願いはこめたかい?」 ...

星降りの夜・後書き(1) シューマンと、ル・サージュと共に。

明日は七夕ということもあり、突然この曲、シューマンのフモレスケ(ユーモレスクはフランス語読み)を聴いていたら思いついたのがこの「星降りの夜」でした。pixivには時々のイベントタグが並ぶ事もあり、ちょっと書いてみるか、と軽い気持ちでまた脱線してしまいました。 でもこの曲は、星空...

星降りの夜・後書き(2) 前回書きそびれ、その壱

ええと、まず簡単にですが作品について一つ。最初のエピソードが2960年なのは、訳ありと言いますか、FSSにお詳しい方ならひょっとするとお気づきになられているかも知れません。これは「希望もないパンドラ」の後で書く予定の作品にも懸かります。お分かりになった方、ウリクルの願いが何故あん...

星降りの夜・後書き(3)前回書きそびれ、その弐

話を切り替えます。ここではコーラス王朝という国のシステム的なことも含めて。 ジョーカー太陽星団の国家、その支配者が騎士である必要は全くないのですが、どうもそれが望ましいとされる国家も多い。国家も国民も、強く立派な支配者を求めているというか。フィルモア帝国なんかはその代表格でしょ...

星降りの夜・後書き(4)前回書きそびれ・その参

あともう一つだけ、これはもっと邪道なのかも知れませんが、 8巻でファティマ・クーンがコーラス6に対して(ファティマを)導く力がなかった、と語るシーンが有るのですが、私はこの台詞にも激しく違和感を覚えました。いえ、ユーパンドラとアトロポスに対してそれを期待するのは良く分かるのに、...

更新のお知らせ「ささやかな最大権力」と「今から買うとしたら、副読本どれを選びますか?」+α

7月に入ってしまいました。6月に仕上げる予定だった「希望もないパンドラ」は何故か 「ささやかな最大権力」 という全然違うタイプの作品になってしまいましたが(^_^;)これも出会いなくしては出来なかったもので、お陰で「真夜中~」の続きを書くかどうか、悩んでいた自分も少し迷いが晴れて...

今から買うとしたら、副読本どれを選びますか?

・・・このお題は、やはり 「ささやかな最大権力」 同様に、 #ファティマ総選挙でとあるフォロワーさんから尋ねられたひとことがきっかけになっています。 今現在購入できるのは DESIGNS1~3 があり、私はそれがあれば充分ではないかなぁ、なんて最初思ってしまったのですが、(^_...

それで結局の所、ファイブスター物語はリブートor単行本?(2012年3月に自ブロ グに掲載したものそのままです。)

2014/09/29 追記  この記事は2年前の2012年、映画ゴティックメード公開前に書いたものになります。 文章内に単行本に関してニュータイプサイズで再発行される記述がありますが…その後この話はなくなりました。 単行本13巻は今まで通りのサイズで出版されます。ご注意下さいね。...