~へっぽこからのお知らせ~

◯配布物Fughetta.シリーズ3冊について。バックナンバーに関してはお申込みを締め切らせていただきました。今迄お申し込み頂いた皆様どうもありがとうございました。
最新号3に限り、年末まで郵送も受け付けます。お問い合わせフォームにてご住所、お名前、お誕生日(要年齢確認のため)お知らせくだささい。
※尚配布物に記載したコラムについてはブログ公開予定はございませんのでよろしくお願いいたします。

ささやかな最大権力・後書き(2)

二次創作といっても一つの作品としていろいろな種類が存在しますし、コラージュのように他作品と組み合わさったり、もしも設定だったり、あるいは笑いや官能を追及してみたり様々なようですが、(ただ二次創作という言葉自体は、かつてFSSサークルにいた頃の若いときは聞いたことがなかったなぁ。)自分は読むのは面白ければどういった種類でも受け入れるタイプではあるのですが、いざ書くほうに回ると、世界観が壊れないだろうか、そんな事が気になってしまうようです。読み手や作者、何よりキャラクターに失礼のないように、いうのはいつも頭の中にあります。
だから今回書き手としては結構逸脱しているような気がしつつも(^_^;)でもFSSはもともと読み手に委ねられる点も多いし、ほかの事でFSSに対して抱いている印象をいろいろ取り混ぜたり、いつの間にか寄せ集まって書いたつもり・・・つもりです。
でもとても楽しかったです。どうせはみ出しちゃうなら!と素足のウリクルに膝枕させてしまったのは私です。うーん、けしからん。と絵を描いたとき凄く思いましたが。(今回2ページくらい書いてから表紙→続き→挿絵を混ぜて→残り書いて完成でした)
あと、けしからんついでに。コーラス3がまた後で。と言っていますが、それについては書く予定ありませんから!(^_^;)

この題材を提供してくださったこよたさんには本当に感謝しています。
同時にいくらかためらいのあった「真夜中の会話」のその後の二人についても、以前より多少書くことが出来たかな、という感じもあります。

そしてこの作品のキーパーソン?である最中ですが・・・実はモデルが存在します。
東京・武蔵村山にある紀の国屋さんの相国最中 です。でもあれは栗餡ですけれども渋皮煮入っていませんが(←昔から入っていたらもっと良いのに、という願望が^_^;)庶民派な価格ながらずっしりと大きくて、よく二つに割って頂いています。ぎゅうひ入りの粒餡も個性的でとても美味しいお気に入りのお菓子です。立川や吉祥寺でも買うことが出来ますのでお近くの方どうぞ!ここのあわ大福も大好きです。

あと、今回この曲に本当に助けられました。私は絵や文を手がける時、大抵曲頼みなところがあるのですが・・この作品に関しては、シューベルトの交響曲第2番をそれこそ書いている間中はずっと聴いていました。
この曲の温かいメロディや響きは、表現に大いに影響を与えたと思います。
特に2楽章のぼんやりとした繰り返しは、たたずんでいる二人には良く似合っていると思います。

さて7月こそ、「希望すらないパンドラ」完成させなくちゃなぁ・・・
駆け足でしたが、今回はこんなところです。読んでくださってどうもありがとうございました。(06/28)

この記事をシェアする

0 件のコメント :

コメントを投稿